新宿四ツ谷の司法書士といえば四谷司法事務所。不動産登記・相続登記・商業登記や債務整理など幅広くお任せください!モットーは迅速・丁寧・低価格! 
 司法書士 加藤雄一 @四谷司法事務所    
 

<対応エリア>新宿区を拠点に、東京都内、埼玉県、千葉県、神奈川県 その他遠方出張も承ります。ご相談ください。

   

四谷司法事務所 司法書士 加藤雄一

東京都新宿区若葉1-5-15 竹村ビル4F
TEL:03-3355-3655 FAX:03-3355-3656
mail;sodan@yotsuya-shihou.com
http://www.yotsuya-shihou.com

 
 HOME >相続登記TOP>相続の種類

  全部相続することは必ずしも得ではありません。相続財産を把握しましょう
  『相続』というと、
どの財産を貰うのか・・・
というイメージが先行しがちですが、
ちょっと待ってください。
マイナス(-)の財産、つまり借金はありませんか?

相続には、
単純承認・限定承認・相続放棄があり、
特に(-)の財産がある場合は、
遺産の処分を始める前に選ぶ必要があります。

※遺産の処分を始めてしまうと、単純承認とみなされます。

 相続の種類

 種類 概要  内容 
単純承認 プラス(+)の財産も
マイナス(-)の財産も
全て受け継ぎます
 もっとも一般的な相続のスタイルで、
(-)の財産が多い場合、借金を相続人が受け継ぐことになります。
限定承認  (+)の財産の範囲内で、
(-)の財産も受け継ぎます
つまり、一番悪くて±0ということです。
相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に全相続人が
家庭裁判所に申述し、認められれば成立します。

(+)の財産と(-)の財産どちらが多いのか分からないとき
選択するのがよいと思われますが、
相続人全員で手続しなくてはならないことに加え、
手続きが煩雑で現実にはあまり見られない手続きです。

相続人の一人でも承認しなかったり、
財産の処分を開始してしまうと認められません。
 相続放棄 (-)の財産が多いときなど、
財産一切を受け継ぎません
相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に各相続人
家庭裁判所に申述して認められれば成立し、
始めから相続人でなかったとみなされます。

ただし相続の放棄が認められた後に、
知らなかった資産が出てきても、
放棄の撤回は原則できません。

相続財産の一切の放棄ですから、
遺留分(一定の相続人に法律上、かならず残しておかなければならないとされている一定の割合額)の請求や代襲(相続するはずの分を子などが代わって相続すること)も認められません。

四谷司法事務所では、家庭裁判所への相続放棄・限定承認の申述に関するご相談・ご依頼も承っております!



司法書士加藤雄一の相続・遺言・事業承継 専門サイト
 
新宿四谷相続相談オフィス 

こちらもぜひご覧ください!



 ご質問・相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。

    四谷司法事務所 司法書士 加藤 雄一 
     電話 03-3355-3655  : 平日9:00〜18:00
     Mail  sodan@yotsuya-shihou.com 
 ご連絡先はこちら
 四谷司法事務所
 司法書士 加藤 雄一

 〒160-0011
 東京都新宿区若葉1-5-15

 竹村ビル4F
 TEL : 03-3355-3655
 FAX : 03-3355-3656
 sodan@yotsuya-shihou.com

   

司法書士の加藤です。
親切・丁寧な対応をモットーとしております。相談は無料ですのでお気軽にご連絡ください。

司法書士 加藤 雄一 @四谷司法事務所 
Copyright(C) 四谷司法事務所 司法書士 加藤 雄一. All Rights Reserved